Exile On Kitao-ji St.

音楽、映画、アニメを愛する管理人が送る駄文の数々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ライブ!ライブ!ライブ!

久しぶりの長文更新ですよ!

さて、慢性的金欠病にも関わらず、一月の間に三度もライブに行ってきましたよ。

まずは先月の28日、京都拾得で友部正人さん。
何年も前から行こう行こうと思っていたのに、今まで一度もライブに足を運んだ事がなかったのですが、
今回は同じ友部ファンの友人と行こうと盛り上がったので、勢いで初ライブ参戦です。

拾得は3月のエンケン以来。
お客さんは年齢層もバラバラ。デビュー当時からのファンといった方もいれば、一人で来ている大学生らしき女性の姿も。

ライブは曲目もそんなに決めずに、その場の雰囲気で選んでいるといった感じ。
新曲の割合が若干多かったかな。
それ以外にもお客さんの手拍子と合いの手だけで歌ったり、お客さんのリクエストに答えたり、
友部さんもお客さんもとてもリラックスしたムード。僕らもお酒(電気ブラン!)が入って実にいい感じ。
割と物静かなイメージだった友部さんですが、テンションが上がってくると飛び跳ねそうになっていたのがとても印象的でした。
僕としては大好きな「すばらしいさよなら」を聞けたのがとても嬉しかった。

途中、少し前まで北海道を一緒に廻っていた三宅伸治さんの話も。
「最近とてもさみしいらしくて、別れ際(友部さんは途中で別行動になったのです)、僕も帰るって言い出したんだ」
という話を聞いて、伸ちゃんの今の心境がちょっと分かったような気分に・・・。

アンコールは二回。ラストはもちろん「一本道」。大好きな曲。感動しました。

終演後は物販コーナーでサイン会。友人は新作を買ってサインを貰っていましたが、金欠の僕はあらかじめ持っていった「遠い国の日時計」にサインをしてもらいました。
無理かな、と思ってだめ下で聞いてみると「いいですよ」とのご返事。嬉しい!
しっかり名前も入ってます。



次は今月7日、尼崎アルカイックホールでクロマニヨンズ。
前回行ったのが「ピッチピッチチャップチャップランランランツアー」(なんてタイトル)だったので、10ヶ月ぶりぐらいでしょうか。
これは元々参戦する予定ではなかったのですが、行く予定だった妹が急用のためキャンセルということで急遽僕にチケットが回ってきたのです。
席はなんと二階席の一番後ろ!こりゃちょっと盛り上がるには厳しいかな〜などと一緒にいた弟と話してました。
案の定、開演しても最初はとても冷静な自分。一階席は怒涛の盛り上がりなのですが、二階席はやはりちょっと勢いに欠けます。
が!曲が進む事につれ徐々にテンションが上がっていきます。「タリホー」がはじまったあたりではもう両手を振り上げて「わいタリホー!」と叫んでおりました。

で、二階席から見ていて気づいた事なのですが、桐田勝治さん、ドラムすげえ!
一階席で見てるときは盛り上がりすぎて演奏を冷静に見てない事が多かったのですが、今回は改めてこのバンドの演奏力を思い知りました。いやー、すごいです。メタルバンド出身とは思えないほど器用だしね。

お約束の「くじらなわ」で今回引っ張ったのは
最前列のファン二人の名前をあわせた「ふるち」
お客さんのやってるすし屋の名前「次郎長」
そしてなぜか「おまえ」(笑)

ヒロトは今回久しぶりのライブだったこともあり「喋り方を忘れちゃった」と笑ってました。
マーシーは機嫌が良かったのか妙にくるくる回る回る。この二人は変わらないなあ。

盛り上がれないかも、なんて言って申し訳ない。2時間たっぷり堪能いたしました。
「エイトビート」は本当に名曲だね!



そして最後に昨日13日、奥井亜紀さん in ESAKA MUSE。
こちらは半年ぶり。前回はじめてライブに足を運び、ヒジョーに感動したので今回もとても楽しみにしてました。
江坂というあまり縁の無い場所なので、二度目にもかかわらず少し道に迷ってしまい会場に着いたのは開演の20分前。正直あせりました。

開演時間になり、登場した奥井さんは髪型がまた変わってまして、これがまたステキングでした。
MCでも話されてましたが、「クラゲカット」だそうです。決して「ウルフカット」ではない、とのこと(笑)。

今回はレコ発ツアーということで、もちろんセットリストは新曲が中心。
新作はライブ会場で買おうと思っていたので、予備知識はラジオで聞いた数曲以外無し。
もちろん退屈なんてするはずもなく。歌声とそのお姿があるだけで僕は幸せなのです、はい。
本当に楽しそうに歌うのですから、こちらも自然と楽しくなってきていつの間にか僕は体を揺らし手を振り上げノリノリ。
会場入りが遅かったのもありスタンディングだったので(ステージの半分ちょっとには椅子があるのです)出来た事です。前行ったライブがクロマニヨンズという事も大きかったかも。

ライブってそんなもんじゃないの?とお思いかもしれませんが、奥井さんファンはマナーが良いのか、単にシャイなのか、とてもおとなしい人が多いのです。僕の姿はどうやらステージからも目に入ったらしく、終演後のサイン会でそんな話をすると「あぁ〜!」と頷いてくれました(笑)。

今回のセットリストで個人的に嬉しかったのが「BOYS BE BRAVE〜少年よ勇気を持て〜」。
今から10年ほど前の「クレヨンしんちゃん」のエンディングですね。
当時中学生ぐらいだった僕も強烈に覚えている一曲です。これは嬉しかった。
そして「LOVE & LOVE」。「BOYS BE BRAVE」と同じアルバムに入っている一曲なのですが、これは奥井さんの数ある名曲の中でもベスト3に入るぐらいに好きな曲。
以前ブログにも書きましたが、「ARIA」の11巻を読みながら聞いてたら見事に僕の中でシンクロしてしまって泣きそうになった事があるのです。

地元関西ということで、MCでは最近関西弁に自信がなくなってきた話や、たこ焼きをメンバー(ギターの宮脇てつやさんとキーボードの西本明さん)で一緒に食べようと話してたのに、先に二人で買って食べてた話など(笑)

気がつけば2時間強、21曲(奥井さんのライブは終演後セットリストを配ってくれるので分かるのです)でライブ終了。
その後はサイン&握手会。一人一人少しづつ言葉を交わして、違う言葉を書いてくれるのです。
前回は緊張してあまり何を話したか覚えてないのですが、今回もやはり緊張してあまり覚えてません(笑)


以上がここ一月のうちに参加したライブです。
どれもこれも良かったよ!といえるのが素晴らしいなあ。
次回は前回のブログに書いたとおりウィルコ・ジョンソンの予定。
さらに先にはZABADAK、otodama'09も決定してます。金がいくらあっても足りないZE!

| bohemia | ロック(邦) | 01:01 | comments(31) | trackbacks(100) |
ウィルコ・ジョンソン来日!
ウィルコ・ジョンソン来日!しかも磔磔で単独公演
フジロックで来日するからそのついでだと思うけど、嬉しいなあ。

以前ニック・ロウやレイ・デイヴィスといった僕が見たくて仕方ない人たちがフジロック(だけ)のために来日、というニュースを聞くたびに
「単独で来てくれよ!」
と悲しみの雄たけびを上げた僕としては、磔磔に足を伸ばしてくれるという事実にウィルコの親日っぷりが伺えて嬉しいですね。



カッティング!カッコイイ!動きがスゴイ!(笑)

いやー、楽しみだな〜。
| bohemia | ロック(洋) | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
僕の好きなおじさん
清志郎がいなくなっちゃった。
僕の好きなおじさん。

ちょうどNHK-BSで"ロックの学園"という番組を見てた。
番組のラスト、画面には校長の清志郎への応援メッセージ、BGMには"トランジスタ・ラジオ"。
その画面の下のほう、うっすらとテロップが出ていた。
よく見えないのでテレビに近づいてみて、僕は絶句した。

はじめて誰かの訃報で泣いた。涙が止まらなかった。
その夜はしばらく眠れなかった。

次の日の朝、テレビで清志郎の歌声を聞いた。
訳知り顔の人たちが"ぼくもアルバム持ってました""悲しいですね"なんていうのがとても不思議で。

通夜の様子がニュースで紹介された。
多くの人が沈痛な面持ちで、でも対照的に祭壇の中央にある清志郎の写真の顔が、とても良かった。
それと同時に、現実をたたきつけられたような気分にもなった。


結局、ライブには二回しか行けなかったなあ。
一度目は35周年ツアー、神戸チキンジョージ。初めて見るキヨシローにテンションが上がりすぎて細かい事はあんまり覚えてない。
ただ伸ちゃん(三宅伸治)が一曲目"JUMP"のイントロをかき鳴らした瞬間と、"スローバラード"での梅津さんとの掛け合いははっきりと目に、耳に焼きついてる。

二度目はこのブログにも書いてる新ナニワサリバンショー、大阪城ホール。
チャボと一緒に歌う姿を見られたのはこの時だけ。

完全復活祭のとき、大阪と京都にも来てくれたのに、「お金ないし、また次があるだろうから」とパスした事を本当に後悔してる。


あの日から今日まで、一度も清志郎の歌を聴かなかった。とてもじゃないけど聴けなかった。i-podのシャッフル再生で流れたら慌てて飛ばした。

今日、FEEL BEATというイベントで、「本当に、キツイです」と話しながらも、清志郎の曲を思いっきり歌ってくれた伸ちゃんのおかげで、ようやく冷静に清志郎の歌にもう一度向かい合えそうです。こっちが泣くのを堪えるのに必死でした。ありがとう伸ちゃん。

でも今さっきステレオから流れてきた"デイドリーム・ビリーバー"とアッコちゃんと一緒に歌う"ひとつだけ"で号泣。


なんだか心にぽっかり穴が開いてしまったような気分。
きっと日本中に同じような気持ちの人がいるんだと思う。

でもきっと、嘆き続けるのは当の本人があまり喜ばないんだろうなあ。


ご冥福を、とか安らかに、って何かしっくりこないので。
本当に今までありがとう。そしてこれからもよろしく。
| bohemia | ロック(邦) | 02:08 | comments(2) | trackbacks(1) |
しかし何でP-MODEL
今更ですが、昨日三話見た所なので。

アニメ「けいおん!」人気でAmazonに“異変” 登場楽器の関連商品、けいおんグッズだらけに
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/21/news042.html

楽器店でもこんな光景が。
http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-2733.html
でもなんでスコアがpillowsなんだ。そこはP-MODELでしょ!

さらにフェンダー社公式ブログにも。
http://www.fender.jp/staff_diary/archives/2009/04/21/

アニメ効果って凄い・・・いや、オタクが凄いのか。
「ファングッズ扱いだろう」
「番組終了後に中古屋にレスポールが溢れかえる」
といった批判も多いです。まあそれも事実なんでしょうが。

でも楽器を始めるきっかけなんて何でもいいと思うんですよね。
僕がキース・リチャーズの写真を見て「テレキャス欲しい!」と思うのと同じだと思うんですよ。
あとは続けられるかどうか。一過性のものでなく、純粋に音楽を演奏するという面白さに気づいてくれれば、その人のこれからの人生も変わってくるでしょう。おお、素晴らしいじゃないか「けいおん!」。

「アニオタに続くわけねえwww」
との声もありますけども、例えば誰かに憧れてギターを買っては見たものの、半年後には埃を被っているなんて景色、日本中で見られる光景じゃないですかね。ほら、貴方にも覚えがありませんか?

今回大枚はたいて購入された方々には頑張ってもらいたいものです。
・・・あ、でも本当にキャラグッズ扱いで、部屋のインテリアにするしか考えてないヤツがいたら嫌だなあ。靴が履くためにあるように、楽器は演奏するためにあるんですよ。
そんなヤツからは即没収です。僕がもれなく2000円で買い取ります。


ちなみにこのアニメ、どうもロケハンが京都、滋賀で行われたらしく、どこかで見た景色がちらほらと・・・。
何の変哲もない景色で写真撮ってる人がいたら、間違いなく聖地巡礼者です。生暖かく見守ってあげましょう。

そういえば二話の楽器店は完全に河原町のJEUGIAでした。あそこも「けいおん!」キャンペーンとかやってたりするのかしらん。今度覗いてみよう。


Don’t say“lazy”(初回限定盤)
Don’t say“lazy”(初回限定盤)
桜高軽音部,大森祥子,小森茂生
主題歌、バカ売れしてるみたいですよ。これはエンディング。

映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界
映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界
平沢進,平沢進
アニメとP-MODELの接点といえばやはり平沢ソロ。これ欲しいなあ。ラーーイーーヤーーー!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| bohemia | マンガ・アニメ | 03:17 | comments(0) | trackbacks(1) |
木星を、ぶっ飛ばしてきてくれよ!
ここ数日立て続けに映画(DVDで)を見てます。一日一本見て今日で四日目。
映画見るのは好きなんですけど、何せ短くても90分間は集中してないといけないので、そんなにしょっちゅう見ることはないんです。
だから一日一本を四日連続というのは我ながらとても珍しい。

タイトルを挙げてみると、

・クワイエットルームにようこそ
・未来世紀ブラジル
・さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

しかも今のところハズレなし。差はあれども皆名作ばかり。
そう、名作ばかりだったんですが・・・。

今日、四日目に僕が選んだのが


  さ よ な ら ジ ュ ピ ター


ビデオを手に入れたのはおそらく一年以上前でしょうか。
タイトルを知ったのはもう10年ぐらい前かも。
昔から評判(笑)は聞いていたので、見たい見たいと常々思っていたのにどこのレンタル店にも置いてない状況。たまたまレンタル落ちのビデオを発見したときは友人と狂喜したものです。
しかし、今の今まで未見だったのです。手に入れたものの、そのあまりの評判と2時間超というスケールに尻込み。
だけど今なら、映画が見たくて仕方ない今なら見られる自信がある!しかも昨日見たのは「ヤマト」だ!どちらも宇宙が舞台じゃないか!一昨日は「ブラジル」だ!どちらも未来が舞台じゃないか!どっちも大傑作だったじゃないか!!




二時間後の現在・・・

途方に暮れております。



今まで「バカ映画」と呼ばれるものもいくつか見てきました。
その殆どはどこかキライになれない要素を持っており、「しょうもねえなあ〜」と思いながらも見ている自分は笑顔だったりします。
しかしコレは、コレは・・・っ!!


感想のほとんどは、ネットで見られるレビューや感想とほぼ同じです。
興味のある方は検索してみてください。


個人的に印象に残ったのは平田昭彦(コレが遺作だなんて)のカプセルにへばりついた顔と、ジュピター教団の教祖が歌う歌。

君はとても大きくて〜  いつも、いつも、輝いていた〜♪(歌・杉田次郎)

さらに何かムカツクだけだった天才少年役が後のglobeマーク・パンサー
絶対に22世紀の大統領に見えない森繁久彌。「二百三高地」じゃないんだから。
突如として流れるユーミンの挿入歌と余韻もへったくれもないエンディング曲も強烈っちゃあ強烈。
そして勿論三浦友和の無重力SEXシーン。参りました。


あれ、こんなにあるって事は結構この映画の事好きなのか?
ここまで読んで興味が湧いたという奇特な方、ビデオ貸しますよ。

さよならジュピター スタンダード・エディション
さよならジュピター スタンダード・エディション
DVD出てるんですね。需要あるんだなあ。
JUGEMテーマ:映画


| bohemia | 雑記 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライブは良いですね
相も変わらず金欠生活を送っておりますが、ここ一月ほどのうちに三回もライブに行っておりました。
まずは2月10日、大阪でBAHO。
ご存知Charと石やんこと石田長生のアコースティックユニットです。
何故か母、弟、妹と4人で参戦。
以前Charのライブにはいった事があるのですが、BAHOは初。
きっとトークが多いんだろうなあと思っていたら、前半がまさかのコント仕立て。
脚本、演出はChar本人(笑)
笑いの絶えない第一部の後は、二人のギタープレイを大いに堪能。
3時間の長丁場の内3割はトークだった気がしますが、面白かったので良!
BAD HOT SHOW [DVD]
BAD HOT SHOW [DVD]
BAHO
このDVDはMCもちゃんと入ってるのかしら。

続いて24日は京都拾得でエンケンこと遠藤賢司。
エンケンのライブに行くのはかなり久しぶり。前回も拾得でした。
この人のライブは行くたびにぶっ飛ばされます。まさに彗星の爆発(byサンボマスター山口)のような衝撃を毎回喰らうからたまらない。
あんな爆音、久しぶりに聞きました。ちなみにエンケンは現在62歳であります。
まだ見たことの無いという人は音楽人生損しております(断言)。
四畳半ロック
四畳半ロック
遠藤賢司
ライブを一番疑似体験できるのはやっぱりコレ。鼻血出ます。

続いて3月7日同じく拾得で伸ちゃんこと三宅伸治。
この日は兵庫の実家から僕の弟、妹もわざわざ京都に来てライブ参加。
伸ちゃんは8日が誕生日との事で、この日は誕生日イヴ!
曲の合間に客席から自然にハッピーバースデイ♪と大合唱。
アンコールも二度、三度と大いに盛り上がったのです。
最後の曲が終わった後感極まったのでしょうか、長い間客席に頭を下げていたのが印象的でした。
終演後はこの日発売のライブアルバム(500枚限定!)にサインを貰ってホクホク。
つづく(DVD付)
つづく(DVD付)
三宅伸治,三宅伸治 with friends,仲井戸麗市,木村充揮,MOJO CLUB,忌野清志郎,甲本ヒロト,北川悠仁,桜井和寿,真島昌利,Leyona
伸ちゃんの音楽を聴いた事の無い人はまずここから。ヒロトから桜井まで!

次は28日にZABADAK、4月5日にかまやつ&泉谷(!)に参戦する予定です。
なんだ、金もってんだ俺と思ってたら口座の数字が半分に。
| bohemia | ロック(邦) | 01:03 | comments(0) | trackbacks(73) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ